スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日野原重明先生 103歳!「医学はサイエンスに基づくアートである」

昨日の学会の特別講演

聖路加国際病院・日野原重明先生
「チーム医療の目指すもの」
今も現役のお医者様です。

先生が会長を務められている「新老人の会」は
リレーフォーライフにも参加されています。(余談)



ご講演の中で印象に残ったスライドのお言葉を書き記しておきます。
これは患者にとっては本当に嬉しいお言葉でした。

「がんは治る時代である」

「医学はサイエンスに基づくアートである」(オスラーの言葉の引用)
「そして患者へのケアが、サイエンスに支えられたアートであり、
 このアートの技を獲得するには、たゆまない修練を要する。
 音楽も絵画も文学も絶えざる修練が繰り返され、経験が加わって上達する。
 医学も看護も同じである」



「経験豊かな臨床医であれば、自分の言葉が患者にとっては
 特別な意味を持つだけでなく、自分の言葉が患者に大きな影響も
 与えるという事実をわきまえている」

「患者を一個の人格としてよく熟知すること」

「臨床的情報を系統的で熟練した組織的な方法で分析すること」

「病気だけのマネジメントをするのではなくて、全人的に心を配ること」

「患者および家族との効果的なコミュニケーションによって患者を医師に同調させること」

「医師は自分が口にした言葉が患者の心に大きな影響を与えるという事実を
 わきまえて、患者への言葉はできる限り慎重に選ぶべきである」
 etc....

医学とはアートである、というスライドを見たときは、
衝撃が走りました。

「Life is Art」な気持ちで毎日を過ごしているので・・・。

人生はやっぱりアートなのです!


あっ!
そういえば、先日の、新橋で取材を受けた話ですが、
どうやら今日のスーパーJチャンネルで、
私が映っていたらしいっす。
どんな風に映ってたんだろ~?

知人からの電話で知りました((笑))
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re:

> 非公開コメント様

投稿ありがとうございます!
遅くなりましたが取り急ぎ(どっちなんだ?笑)お返事まで!
プロフィール

池のうさぎ

Author:池のうさぎ
2010年10月
 乳がんの不安を持ちつつ
 受診したらやっぱり乳がんでした。
 10月20日左乳房全摘手術=2つ目の
 誕生日と勝手に決めました(笑)。

2011年3月
 術後化学療法(EC&ドセタキセル)終了。

術後半年2011年4月~
 トリプルネガティブなので
 現在無治療の日々です。

と思いきや、
2011年10月28日から
ホルモン治療
(ノルバデックス20㎎)開始。

だったのも9ヶ月。
2012年6月21日からアロマターゼ阻害剤のアリミデックス1mgになりました。
服用3日目で膝がきしんでます。
これからどうなるの?


*ブログの記事はあくまでも
 個人的な感想です。

最新記事
最新の記事&いただいたコメントです♪
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
応援してます!
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールでのご連絡はこちら!
メールフォームを設定してみました。 メールアドレスは公開されません。 コメント以外でのご連絡などがございましたら お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク先をPOPUP表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。