通院日でした(治療 タキソテール 2クール 8日目)

今日は抗がん剤治療タキソテール投与後1週間目の血液検査日でした。

少し出るのが遅くなってしまい、乳腺外科の受付後採血ブロックへ行くと、
36番目の受付票を渡されました。1週間前は確か17番。

1週間前と10分も違わないのに倍以上の人が
この時間採血を待っているんですね。

診察室前に戻ると2番の方が診察中。
診察が終わって出てこられた。だいぶお姉様のようだ。
前回も年上の方だったな。
この病院の乳腺患者の平均年齢は高いのかな?

私は3番だったので、順番通り次に呼ばれドアを開けるや否や、

主治医「元気だったじゃろ?」

池うさ「(じゃろ?)じゃろって、まぁ元気でしたけど」

今回も手をとられ、「うんうん綺麗だな」と一言。
池うさ「キレイ?ワタシが?うふふ」

主治医「爪のこと」

やっぱり~

主治医「白血球は2100だったよ。これからもっと下がるかもしれないから、
    ちゃんとマスクね。この1週間は寝込むこととかは無かった?」
と聞かれたので、

池うさ「寝込むことはなかったけれど、
    手足のしびれ、味覚障害、お腹がゆるくなったこと、目の充血とか、
    特に足の爪の変色がひどくて痛いのです」
と訴えたのですが、

主治医「ネイルチェンジだな」
の一言で済まされました

でも、白血球はバナナのおかげ?で2000超え。
今までグランという注射はしたことがありません。

そんなコミュニケーションから本題へ

今日は自分のことをもっと知るため、病理検査の結果を再確認。

昨年11月に一度聞いた内容を再度説明していただいた。

抗がん剤治療の必要性を図に示して下さった。

「手術が終わった直後はみんな元気な人(再発の無い人)、
 10年後に再発しない人が約〇%、
 抗がん剤治療をすることで〇%元気な人率が上乗せされるから
 計算上は〇%再発しないことになるんだよ」

「ま、運が悪ければ、この数%(残念なゾーン)に入るかもしれんけどね」

 ゲーっ、なんて意地悪なお言葉なんでしょ。
 最近やけに毒舌気味な主治医です。 

気を取り直して、病理検査の結果をモニターに出していただきました。
プリントアウトのお願いを迷っていたら結局言いそびれ次回に持ち越し!

覚えているのは以下の項目
・ER(-)
・PgR(+)
・HER2(-)
・核グレード 2
・ステージ 2

断端陽性とばかり思っていたのに、これは陰性でした。
当たり前ですよね~、全摘したんですものね。おバカです。

これで少しモヤモヤした気持ちが薄らぎました。
これも、ブログを書かれているブロガーの皆様の書き込みが
とても参考になりました。皆様ありがとうございました

でも、ホルモン治療が効かない、と言われていたのに
今日は「ホルモンも視野に入れている」と言われ、
また一つ謎が増えてしまいました。
しかも、お金かかるんじゃない?ひぇ~。

とりあえず「あと1回頑張ってね~。」とのことで
診察は終了しました。

支払いも終わり、手帳に今日のことをメモしていたら、
「銀歯が取れてしまったので治療してもよいか」、
ということを聞き忘れてしまったことが発覚。

乳腺受付の事務さんにお願いして、
メモ書きしたものを主治医に通してもらったら、
主治医が乳腺受付まで出てきて下さった。

他の患者さんがたくさんいる前で先生は私に、

「被せるだけだったらええけど、
 ホジホジしたりするのは
 抗がん剤治療が終わってからにしてねー


もうっ!そんなにおっきな声で言われたら、個人情報漏れまくり!
ガラスのハートが傷つくではないですかっ!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした[e:343]

いけうさちゃん お疲れ様でした。

いけうさちゃんの病理の結果をみると ホルモン剤が効くタイプなんで、ホルモン治療は かなり有効です。私も閉経前なんで、卵巣の機能を止めるリュープリンと言う注射とノルバを飲んでます。この二つの組み合わせが ゾラテックスも同じですが 抗がん剤に匹敵する力があるみたいです。最初はリュープリンが2年間と言われてたのが 今は3年間 そしてハイリスクの人は5年間と ガイドラインも変わってきています。飲み薬も 私は たぶん皆さんホルモン剤有効の人は10年間 閉経前と閉経後のお薬を使い分けて 飲むように指示されていると思います。気が遠くなるような期間ですが、それで、再発リスクを下げれるのなら 仕方がないし 逆に飲めることが有り難いと思えるようになりました。
再発したら また緩い抗がん剤に逆戻りですからね。

バナナは白血球をあげる為に抗がん剤中は毎日食べてました。今も免疫力が上がると言われてるので欠かさず食べてます

私は抗がん剤の後、必ず二週間後に病院に行き 白血球をあげる注射をして 次回の抗がん剤が予定通りに できるように 八回とも 間に行って打たれましたよ。それも 結構高い注射でした
でも 命には 替えれませんからね

やるだけの治療をやるしかないんですよねー主治医と自分の生命力を信じて

みんな頑張ってると思います。いけうさちゃんも 私も含めて 後悔しない治療をして 絶対に 逃げ切ろうではありませんか頑張りましょうね

>みぽりんさん

医療は日進月歩とはいいますが、本当にそうですね。

世界中のどこかで、新しい薬が開発されたり、
新しい治療法が確立されたり、と。

お恥ずかしいのですが、がんになる前は他人事でした。

それが今では夕食後はPCに向かってネットしまくりで、
家族から「もうやめたら?」と言われる始末。
あっという間に夜中になってしまいます(笑)。

治療法については、
主治医と自分とバナナ(笑)を信じて、頑張っていきたいです。
みぽりんさんも一緒にね(^_^)。
プロフィール

池のうさぎ

Author:池のうさぎ
2010年10月
 乳がんの不安を持ちつつ
 受診したらやっぱり乳がんでした。
 10月20日左乳房全摘手術=2つ目の
 誕生日と勝手に決めました(笑)。

2011年3月
 術後化学療法(EC&ドセタキセル)終了。

術後半年2011年4月~
 トリプルネガティブなので
 現在無治療の日々です。

と思いきや、
2011年10月28日から
ホルモン治療
(ノルバデックス20㎎)開始。

だったのも9ヶ月。
2012年6月21日からアロマターゼ阻害剤のアリミデックス1mgになりました。
服用3日目で膝がきしんでます。
これからどうなるの?


*ブログの記事はあくまでも
 個人的な感想です。

最新記事
最新の記事&いただいたコメントです♪
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
応援してます!
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールでのご連絡はこちら!
メールフォームを設定してみました。 メールアドレスは公開されません。 コメント以外でのご連絡などがございましたら お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク先をPOPUP表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR