スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院食 高齢者のパン食には気をつけて!

先日、
病棟のベテランDr.が血相を変えて病棟に上がってきました。

「以前、後期高齢者の患者さんが、
 パンを喉に詰まらせて、
 一時心肺停止になったんだ。
 あれだけ、パン禁止にしたのに
 ナースは何をしているんだ!!」
とお冠です。

どうやら別の病棟でそれらしきことがあったのか?

お話しを聞くと、

「ただでさえ嚥下能力が衰えてくる75歳以上の方、
 入院している人は、もっと弱っている。

 朝食時水も飲まずにパンを食べると、
 食道に詰まり窒息する危険がある」

とのことでした。


パンが好きな私、
確かに、喉が渇いている状態でパンを食べ、
胸につかえた経験が多々ありまする。

普段から食べている人でさえそうなのですから、
噛み砕く能力が弱ってきた人なら
なおさらです。

病院としては、
入院中少しでもお好みの食事を摂っていただきたい
ということで、ごはん食かパン食を選択できます。

元気な入院患者さんなら
(いや、それなりにどこかが弱って入院しているかと)
パン食は大丈夫でしょうが、
高齢者の方(特に後期高齢者の方)が
パン食を選ばれた際は、
ご家族もご配慮いただき、

十分気をつけてお召し上がり下さい~!

と言いたかったのでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

池のうさぎ

Author:池のうさぎ
2010年10月
 乳がんの不安を持ちつつ
 受診したらやっぱり乳がんでした。
 10月20日左乳房全摘手術=2つ目の
 誕生日と勝手に決めました(笑)。

2011年3月
 術後化学療法(EC&ドセタキセル)終了。

術後半年2011年4月~
 トリプルネガティブなので
 現在無治療の日々です。

と思いきや、
2011年10月28日から
ホルモン治療
(ノルバデックス20㎎)開始。

だったのも9ヶ月。
2012年6月21日からアロマターゼ阻害剤のアリミデックス1mgになりました。
服用3日目で膝がきしんでます。
これからどうなるの?


*ブログの記事はあくまでも
 個人的な感想です。

最新記事
最新の記事&いただいたコメントです♪
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
応援してます!
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールでのご連絡はこちら!
メールフォームを設定してみました。 メールアドレスは公開されません。 コメント以外でのご連絡などがございましたら お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク先をPOPUP表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。