今年の学会、変わったところ

学会のレポをまとめたいのだけれど、
情けないことに自分のメモは
ミミズちゃんがいっぱい(汗)

「アドヒアランスとACP」
乳がん体験者も加わったセッションで、とても勉強になった。
これについては某yさん(笑)がたいへんわかりやすく
まとめていらっしゃるので是非そちらへ。

他にやらねばいけないこともあるので、
学会についてはゆっくりレポします。
(去年もこんな言い訳してた気が・・・。)


昨日も寝不足で、
朝から病棟勤務時ミス連発!
患者さんの担当ナースを間違えたり、
担当医師を間違えたり・・・。
頭がボーッとしてました。
ホント、睡眠は大事ですね。
しっかり寝ないと。。。

というわけで、今日の記事はさくっとまるっと。
気になる学会記事をこちらに転載。

浜松学会の会長Wドクターのブログから勝手に抜粋しちゃいました。
「会長さん、無断ですみません」とこちらでお詫びしておこう。

----------------------------------------------------------------------------------------------
演題応募数 1848 演題、
 参加者   5669名

日本乳癌学会が昨年の熊本大会で20 周年の節目を迎えたということ、および、現存する議事録にありますように仙台国分町での元祖企画委員会での決定を受け、今回は新たな出発という意味も込め、「情報 知識 理解の共有」というテーマのもと、以下のような新しい取り組みをいたしました。

1 主たる三会場でのプレナリーセッション
2 三日間を通じての看護師向けセッション
3 厳選口演セッション
4 ポスター討議(レビュー)セッション
5 コンセンサスカンファレンス
6 Meet the Expert
7 ポスターのオンライン登録および事前印刷
8 抄録集の電子化
9 患者セミナー
10 P-1グランプリ

私たち実行委員会は約2年間、懸命に準備しこれ以上のものはないと思っており、今後の学術総会に引き継がれていくことを夢見ております。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
実際に参加した私達も、
昨年との違いをうっすら感じつつ
3日間を終えました。

チーム医療が叫ばれている現在、
医師だけでなく、
看護師、他科医師、医療従事者、スタッフ、家族等
一丸となって、ベクトルを合わせ、
がんと立ち向かっていくことが、
がん撲滅への未来へ繋がるのだろうな~、と。

そして、患者は患者で、学習し、考え、
長い治療のなかでも、
「いかに自分らしく生きるか」
ということが大切なことなんだろうな~。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

池のうさぎ

Author:池のうさぎ
2010年10月
 乳がんの不安を持ちつつ
 受診したらやっぱり乳がんでした。
 10月20日左乳房全摘手術=2つ目の
 誕生日と勝手に決めました(笑)。

2011年3月
 術後化学療法(EC&ドセタキセル)終了。

術後半年2011年4月~
 トリプルネガティブなので
 現在無治療の日々です。

と思いきや、
2011年10月28日から
ホルモン治療
(ノルバデックス20㎎)開始。

だったのも9ヶ月。
2012年6月21日からアロマターゼ阻害剤のアリミデックス1mgになりました。
服用3日目で膝がきしんでます。
これからどうなるの?


*ブログの記事はあくまでも
 個人的な感想です。

最新記事
最新の記事&いただいたコメントです♪
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
応援してます!
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールでのご連絡はこちら!
メールフォームを設定してみました。 メールアドレスは公開されません。 コメント以外でのご連絡などがございましたら お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク先をPOPUP表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR