命のはかなさ

不定期出勤の病院勤め。

本日出勤したら、
状態の悪かった方が亡くなっていて
その病室が空になっているのを見て
空しさを覚えました。

まだ30代の女性。

これからまだまだしたい事がたくさん
あっただろうに、
神様、お迎えが早すぎます。

この仕事を決めたときから
覚悟は決めていたのだけど、
やっぱり堪えますね。

「この病院で良かった」と思ってもらえるよう
精一杯お仕事しなくちゃ。

10年後の自分を想像してみて?

は、中学時代の同級生に言われた言葉。

銀座にラウンジのある美顔器エステマシンサロンにお勤めする友人。

昨年11月に体験させてもらったけれど、何回でも体験OKとのことで再度体験。

友人がこのマシンを勧めるわけは、

肌がきれいになる
   ↓
鏡を見る機会が増える
   ↓
もっとキレイになりたいと頑張る
   ↓
さらにキレイになる

といった理由。

最近ではメンズの方も増えてきているらしい。

そして看護師さんたちがよく購入するんですって。
なぜなら、
大きな病院勤務の看護師さん達はとても忙しく、
(いや、小さくても同じように忙しいでしょうね)
化粧も落とさないで寝てしまい肌が荒れ、お肌に自信がない人が多いとのこと。
なので心から笑顔で患者さんに接することができない、のだとか。

笑顔に自信が無いし、何か頼まれるのも避けるため、
患者さんと目を合わせることもしない、そう。

で、購入後はお肌もきれいになって気持ちもアップするんですって。

確かに、私の勤務先の病棟も、少し前までとんでもなく忙しくて、
看護師さん達も目を吊り上げながらお世話してたかも…。

ミスがあってはいけない職場だから本当にたいへん。

とても看護師さんにはなれないと思う。

話は戻しますが、
10年後も笑顔でいられるためにも、
「自分の肌のタイプを知って、
毎日お手入れすることが最も重要」

だそうです。

脂っぽいと思っていても意外と乾燥肌だったりするらしい。
汗をかいたあと冷房の効いた室内に入ると、
皮膚の温度が高いため乾燥しやすくシワの原因になるそう。きゃー怖い

うーん、
10年使うとなれば購入しても無駄ではないとは思うけれど、
贅沢品という気もするし、色々考えると考えちゃうよね~(ん?意味不明?)

ピンクリボンフェスティバル2012

2年前のその日

2010年10月1日、ピンクリボンの日、

を私は忘れない。

胸にシコリがあること、
夫と、私の古くからの友人に「乳がんかも知れない」と告げ、
その数日後に乳腺外科を受診。

乳がん確定から、全摘手術、抗がん剤治療、ヅラ生活と怒涛の1年間。

今の自分があるのも、1歩を踏み出せたから。

そんな不安を抱いている人もそうでない人も、
「1歩を踏み出すきっかけになれば」とのことで、
今年も開催されます。

ピンクリボンフェスティバル2012



毎年東レPPOと重なっていて参加できなかったけど、
今年は参加できそう♪

かながわ乳がん市民フォーラム2012

今年で11回目のフォーラムに行ってきました。

午前中は仕事だったので大幅に遅刻(汗)

プログラムは、

第1部 教育講演
「再発乳がんとの付き合い方」
   演者:勝俣範之先生(日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科 教授)

「体験談 ~がんがくれた贈り物~」
   体験者 茂木 伊奈江さん
 
  司 会:
     有岡 仁先生(横浜労災病院 腫瘍内科・緩和支持療法科 部長)

第2部 パネルディスカッション
 テーマ「それって誤解? ~もっと正しく乳がんを知る第一歩~」

 パネリスト :
     勝俣 範之先生 (日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科教授)
     鈴木 育宏先生 (東海大学 医学部付属 八王子病院 乳腺・内分泌外科 准教授)
     瀬畑 善子さん (神奈川県立がんセンター 看護局 乳がん看護認定看護師)
     原田 知彦さん (神奈川県立がんセンター 薬剤科)
     茂木 伊奈江さん(体験者)
     大滝 かずえさん(体験者・乳がん体験者コーディネーター(BEC))

  司 会:
     清水 哲 先生  (神奈川県立がんセンター乳腺内分泌外科部長)
     本田 麻由美さん (読売新聞編集局社会保障部記者 ) 

熊本学会でもそうだったけれど、
「再発乳がん」についての口演を聴講する機会が多かったです。

今回もまた「再発乳がん」についての講演。
日医武蔵小杉腫瘍内科にいらして間もないという勝俣先生は優しい口調で熱く語られました。

 「再発」と言われても、絶望ということはなく、
  まずは状況をよく知り、うまく付き合っていくことが大事。
  医療従事者を「味方につけて」一緒に戦いましょう。


  初発と再発の治療の方法は目的が違います。
  初発は「治癒」を目的としているが、
  再発は「生活の質」を高めることが重要です。



再発を闇雲に恐れずにいきましょう、ということでしょうね。

でもワタシはきっと落ち込みそう。

なんてったってワタシのタイプは全てがネガティブなトリプルネガティブ。
再発したら平均予後はたったの9ヶ月というのですから…。

そこのところには全く触れられず、質問もできなかったので、
ワタシは結構悶々としてました。

ホルモン受容体陽性タイプを前提にお話ししてたような気がします。
日本人は8割がたホルモン陽性タイプですから仕方ないですけどね。

「トリネガの人でも長くうまく付き合っている人もたくさんいますよ」
的な一言が欲しかった~。。。


第2部パネルディスカッション

「それって誤解?」
事前アンケートで収集した乳がんについて誤解していることを取り上げてディスカッション

次回に続く。

プロフィール

池のうさぎ

Author:池のうさぎ
2010年10月
 乳がんの不安を持ちつつ
 受診したらやっぱり乳がんでした。
 10月20日左乳房全摘手術=2つ目の
 誕生日と勝手に決めました(笑)。

2011年3月
 術後化学療法(EC&ドセタキセル)終了。

術後半年2011年4月~
 トリプルネガティブなので
 現在無治療の日々です。

と思いきや、
2011年10月28日から
ホルモン治療
(ノルバデックス20㎎)開始。

だったのも9ヶ月。
2012年6月21日からアロマターゼ阻害剤のアリミデックス1mgになりました。
服用3日目で膝がきしんでます。
これからどうなるの?


*ブログの記事はあくまでも
 個人的な感想です。

最新記事
最新の記事&いただいたコメントです♪
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
応援してます!
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールでのご連絡はこちら!
メールフォームを設定してみました。 メールアドレスは公開されません。 コメント以外でのご連絡などがございましたら お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク先をPOPUP表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR