年度末でした

だいたいの会社もそうだと思うけれど、
今日は年度末ということで、
忙しい方も多かったと思います。

今年度はどの会社も
色々とたいへんだったのかも知れませんね。
私のリフォーム会社も、
お客様用の資材や設備品が
予定通り納品されなかったりで
納期が延び、予定が未定状態。

それでもやはりここは日本人の
よいところで、
「困ったときはお互い様」の精神で
快く待って下さったり。助かります。

少し立ち止まってしまったけれど、
みんなが一つになった気がします。
(SMAPも言ってるし…)

そして今年度最終日の今日、
私にとってはうれしい郵便物が届きました。

先月「合格した」と記事にupした、
キッチンスペシャリストの
資格認定証です。

受験日が、EC抗がん剤1回目の後だったので、
体はへろへろで、受験会場の
明治学院大学へ行くのも辛くて
受けるのさえやめようと思っていました。

でも、受験費もったいないから
やっぱり受験して。
学科は点数思わしくなくあきらめてました。
でも、あきらめないでよかった~。

後で先輩方に聞いたけど、
学科の点数が思わしくなくても、
実技(製図)の答案用紙を全て埋める事が合格への道らしいです。
これから受験する方がいたら、
どうぞあきらめずに頑張って下さいね。

キッチンスペ

太ってしまった

まずいです。

さっき久しぶりに体重を測ったら、

ドセ投薬当初から比べ(1/26だったから2か月で)、

な・なんと3キロも太っていた!

これはまずいでしょ

ECのときに比べたら、吐き気も無いし、食欲もあったし。

ECの時はまさに「抗がん剤打ってます」的な症状に
周りの人たちはがんになるとこんなに辛いのね~、
と思っていたに違いない。

ドセになってからは、吐き気もなく普通に食事ができたものね。

ただ、体のあちこちが痛くて、足先が痺れたりして、
確かに動きは鈍くなった。

家族には具合の悪いふりして、
(いやいやほんとに具合悪かったのよ)
風呂掃除だの
トイレ掃除だの
洗濯だの
色々指示してやってもらっていたから
バチがあたったのか?

それだけ自分動いてなかったの。

今日はあるブログを見ていて
つくづく自分がんに甘えてるなって思いました。

あるブログ主様、
自分で作ったアクセサリーを
小さなご自分のお店で売って
地震の義援金にするって書いていた。
その方の娘さんは障害があって
定期的に通院もされている。
ご自身はダンスが好きで
週に1度、教室を開いてレッスンしてる。


生きてるってこういうことだよね。

そう思ったら、自分がなんとも恥ずかしい。
がんに甘えて家族に甘えて。

ぶくぶく肥えるわけだわさ。
甘えた生活にさようなら。

明日からダイエットしまーす、宣言。
↑今日からしろよ。っていう突っ込みはヤメテね。

私の乳がんにまつわる受診までのあれこれ

最終ドセタキセル(タキソテール)投与から21日目。

3週間経ったし、そろそろ抗がん剤治療も終了?
ということを記念して(何故?)

私の乳がんになるまでのこと振り返ってみた。

〈予兆〉

やばいな、と思っていたのは2010年3月頃から。
左胸の皮膚に直径2cm位の部分がカサカサしてきて、
ちょっぴり痒みがあった。
クリーム塗ってみたけどあまり改善せず、
おかしいなぁ、と思っていた。

5月頃から皮膚の色が少し変わってきて、
乳の奥のほう触ってみると、硬いものが感じられた。
あー、やばい、やばい。
「コレはガンかもしれない」

でも、夏は家族が入院したりして、
自分のことは後回し。

* * * 

受診したのは2010年10月6日。

おかしいなと思ってからそれまでに
乳がんにまつわる様々な人と関わっていた。

2010年6月。
裏の86歳のおばあちゃん。
2009年、かかりつけ医に行って心電図を
とった際にかかりつけ医が気づいたそう。
私と同じ病院を紹介され、後から知ったけど同じ主治医。
温存手術。
主治医は手術後、そのおばあちゃんとお嫁さんに、
「いやー我ながらきれいな仕上がりじゃ~」
と言ったそう。
今もこんな感じで楽しい主治医。
その後、お嫁さんのご主人(息子さんね)が
ガンで亡くなってお参りに行ったときに、
「池うさちゃんも乳がん検診受けてね。
 うちの息子はガンで死んじゃったけど、
 ガンは早く見つかれば治るのよ。」
と言われ、ドキッとしたのを覚えてる。

次は2010年8月。
仕事で回っているおうちの96歳のおばあちゃん。
私がたまたまインターホンを押して、
よろよろ出ていらしたT様。
「私ねー、もう96歳のおばあちゃんなのに、
 おっぱいに梅干しくらいのできものができてるって、
 〇〇病院の先生に言われちゃってねー。
 2・3日で退院できるって言ってたけど、
 もうこの年で手術なんてしたくないよー。」
って話を延々と聞いた。
私はこの時、
「もしかしたら私もこの先生に診てもらうのかな?」と
思った。そしたらやっぱりそうなった。

まだまだ続く、2010年9月。
仕事中に植木屋さん(推定58歳)と仲良くなり、
缶コーヒー飲みながらおしゃべりしていたら、
娘さんが乳がんで去年亡くなったと聞いた。
30代だった(涙)
乳がんの不安を抱いていた私はこの時、
「乳がんで死んじゃうの?」、と慄いた。
植木屋さんは
「あの医者、許せねぇ。」って言っていたけど、
私の主治医かどうかは不明。

早くお医者様に行かなきゃ。。。
と思いつつ、家族の色々な行事が終わるのを待っていたら、
(いや、家族を口実に怖がっていたのよね)
10月に入ってしまった。

そしてまだまだ出会いは続く。
そう、
10月1日はピンクリボンの日。
友人と伊達公子を応援するために
テニス観戦したその日。
当日券を求めるために並んだ列の前にいたおばさまに
「私ピンクリボンブースの責任者で列に並べないの。
 代わりに並んでてくれない?」と言われ、
「いいですよ。」と答えた私に、
すてきなピンクリボンバッジをくれた。
「あなたも検診行ってね。」って言いながら。

極めつけは試合の合間に、
オーロラビジョンから、
ナブラチロワが笑顔で私に、
「私は検診を2年休んでしまったら
 ガンが見つかった。
 今は手術して健康になったけど、
 みんなもちゃんと検診しましょうね~。」
みたいなことを英語で言っていた。
そしてお揃いのピンクのTシャツを着た集団の皆さんが
センターコートで踊りながら
「検診いこうね」
みたいな歌を大合唱。

ここまでされれば池うさも腹をくくりました。
こんな短期間で乳がんに関わる人々に出会うなんて
考えられへん。
「はい、もう絶対に病院行きます。」

* * *

こうして私は現在に至る。
あのまま病院に行くのを怖がっていたら
いったいどうなっていたのだろう。
周りの様々な方に背中を押され
皆さんに助けられたのだと思う。

もし不安を持っている方がいたら、
それはガンに間違いないかも。
本当に、早く見つかれば、
おっぱいは残すことができます。
(私の主治医おすすめします。)
抗がん剤もしなくて済むでしょう。
産婦人科ではなく、乳腺科に行きましょう。

うわっ、長い文になっちゃった。
読んで下さった皆様、
ありがとうございました。

手のひらをくんくん(治療 タキソテール3クール20日目)

最後の抗がん剤点滴からもう20日。

手先、足先がたまにピリリと痺れますが、
顔がパンパンなのもふくらはぎが太いのも前からだし、
ドセ3クール目の副作用、消えつつあります。
ひとつだけ、
手のひらをくんくんすると、なんとなく臭う。
これってタキソテールの薬のにおいなんじゃない?
って思うのは私だけ?

処方された薬(ファモチジン・ピドキサール)も
3週間で終わり。
胃の薬とビタミン剤?
何故かまだ余計に残っている・・・(汗)

このまま来月の4月後半まで診察無しです。

11月からの抗がん剤以来、薬を飲み続けていて
病人という意識があったけれど、

しばらくは薬のない時間を過ごせるのはありがたい。

ずっとこれが続いたらうれしいのになぁ。

うれしい言葉

3月も終わりだというのに、
今日は真冬に戻ったかのような寒さに震えてしまいました。

寒さに震えていたのは体だけではなく
「あ・た・ま」も。
すんごい強風で。。。

だから午前中は様子見して
出社は午後からにしてもらいました。
こんなとき私の仕事は
フレックスでよかった~。
午後もけっこうな風だったけど、
仕事もしなければならないし、
足取りは重かったけれど
会社へ向かいました。

出社したら先輩も来ていて、
店長に嫌がれながらも、
昨日の朝まで生テレビの原発の話などぺちゃくちゃ。

店長の視線も気になったので、
そろそろ出かけるか。
またしても足取り重いけれど、
外回りへと出かけました。

強風にあおられながらトボトボと
歩いていると、
有名なとある企業の社長さん発見。
ここらへんでは有名人。
近くに新築のおうちを建築され、
どうやらマイカーでお引越し作業中。
有名な社長さんなのに
ご自身で荷物を運ぶ姿に、
テレビでのお姿に表裏のない方だとは思っていたけれど、
それは本当だったんですね。
だからあの企業は根強い人気があるんだわー。
と納得できました。

そのあと、
押入れをクローゼットにしたいとご相談のあったお宅へ。
昨日ご契約をいただいたので
今日お礼の挨拶に伺ったら、
ご主人様から
「いやー、色々と相談に乗って下さって
 ありがとうございました。
 これからもまたアドバイスお願いしますねー。」

なんて言っていただけて、うれしくなりました。
(一応、整理収納アドバイザー1級の肩書きありなんです)
H様、ありがとうございました。

こんなことがあると、帰りの道もるんるんです。
単純な池うさです(笑)。
プロフィール

池のうさぎ

Author:池のうさぎ
2010年10月
 乳がんの不安を持ちつつ
 受診したらやっぱり乳がんでした。
 10月20日左乳房全摘手術=2つ目の
 誕生日と勝手に決めました(笑)。

2011年3月
 術後化学療法(EC&ドセタキセル)終了。

術後半年2011年4月~
 トリプルネガティブなので
 現在無治療の日々です。

と思いきや、
2011年10月28日から
ホルモン治療
(ノルバデックス20㎎)開始。

だったのも9ヶ月。
2012年6月21日からアロマターゼ阻害剤のアリミデックス1mgになりました。
服用3日目で膝がきしんでます。
これからどうなるの?


*ブログの記事はあくまでも
 個人的な感想です。

最新記事
最新の記事&いただいたコメントです♪
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
応援してます!
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
Over Cancer Together~がんを共にのりこえよう
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールでのご連絡はこちら!
メールフォームを設定してみました。 メールアドレスは公開されません。 コメント以外でのご連絡などがございましたら お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク先をPOPUP表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR